2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「生きる、喜び」



第1回いきざまつりが終了し、
 その後も、変わることなく、いつものごとく、
 踊り、笑い、感動し、充実した日々を送っていました。


 全国各地、いろいろなお祭りに行かせていただき、
 全国の家族と交流し、皆様方のすがすがしいいきざまを感じ、
 「ああ、この幸せな日々が、変わらず、いつまでも続けばいい」
 と思いながら、そうなるように願いながら生きていました。

 

2011年3月11日。

日常は、いとも簡単に、非日常になりました。

被災地から遠くはなれた和歌山にさえ、津波警報が発令されました。

テレビ、インターネット、どこを見ても、
目を覆いたくなるような惨状が映し出されます。

 

 関東、東北の家族はみんな無事なのか?

 
 確認することもままならず、不安に駆り立てられました。

 
 先生方がいる千葉や、遊舞炎舞がいる須賀川、
 たくさんの家族がいる新潟の名前がテレビのテロップで流れるたび
 何度もつばを飲み込みました。

 

 状況が明らかになるにつれて、この災害は、日本史上に残るような、
 とんでもない大災害だということが分かってきました。

 そして、その終わりはいまだ見えず、
 これから長い年月をかけて復興の道を歩んでいかなければ
 ならないものだということが分かってきました。

 

 命を失った人がたくさんいる、

 家族を失った人がたくさんいる。

 ありふれた日常を失った人がたくさんいる。

 

 そんな時に、「踊っている場合なのか」

 
 自分たちは幸いにも、命や家族、大切なものを失わずにすんだが、
 同じ日本という国の中で、苦しみ、傷つき、
 悲しみにくれる人たちが大勢いる中で、
 そんな状況を打開するために献身的にはたらく人たちが大勢いる中で、
 自分たちは踊っていていいのか。

 
 地元のお祭りやイベント、週に1回の自分たちの練習の時にすら、
 そんな思いをいつも抱きながら、それでも、踊りました。

 
 迷いを打ち消すように、被災地を思いながら、
 今、ここで踊れる意味を感じながら。

 自分たちの愛する、信じる、izanai踊りを踊り続けました。

 

 世の中は、地震のあと、様々な変化を余儀なくされています。

 
 それはこれからの日本や世界、
 地球にとって、すばらしい変革になる可能性を
 秘めているようにもみえます。

 たくさんの心ある人たちが、手を取り合って活動を始めています。

 
 いい世の中を創造していくために、
 具体的な活動が始まっていることを感じます。

 
 ポジティヴな鼓動が聞こえます。

 

 でも、絶対に忘れてはいけないことがあると思います。

 
 まだまだ、傷はいえず、
 悲しみに心を支配されている人たちがいることを。

 現実、目の前で起きる不条理に、
 やり場の無い怒りを抱えている人がいることを。

 そんなひとがたくさん、たくさんいるということを。

 

 

 僕らは、その渦中から離れたこの和歌山で祭をします。

 いきざまつりという祭を。

 

 何のために?

 

 ずっとずっと、考えていました。

 

 踊っている場合なのか?

 祭をしている場合なのか?

 

 何のために??

 

 「生きる喜び」を感じるために、祭をします。

 「生きる喜び」を思い出すために、祭をします。

 「生きる喜び」を発信するために、祭をします。

 

 「生きている」ということ。

 その当たり前に。

 その奇跡に。

 喜びを爆発させ、

 感謝をする。

 

 それが何の意味がある?

 

 分かりません。

 

 まだ、迷っているのかもしれません。

 

 ただ、「生きていること」の尊さ、はかなさ、意味、喜びを

 大好きな、大好きな踊りで、爆発させたい。

 その1点で迷いはありません。

 

 第2回いきざまつり、開催させていただきます。

 

 今こそ、生きる喜びを爆発させたい。

 皆様と一緒に、このかけがえの無い瞬間に感謝し、生きぬきたい。

 

 そのエネルギーが、ひかりとなって、この傷を癒してくれることを信じて。

 そのエネルギーが、未来の礎となることを信じて。

 

 

 皆様とお会いできることを、心から楽しみにしています。

 
 愛と感謝をこめて。

 

                              紀道代表 吉田 大介





2011..07 第二回 いきざまつり comment3 trackback0

comment

岩崎ひすい@suga高知
いくよ!!!!
今年も必ず!!!!
2011.06.07 17:33
きみ@螢
行きますとも。
生きますとも。
愛で繋がった家族たちのため。
2011.06.08 09:46
坂ちゃん@めちゃんこ夢邪気
行きたい!
ほんま行きたい!!

・・・
2011.06.08 20:56

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ikithematsuri.blog82.fc2.com/tb.php/50-166e2d6d

第2回

第1回

全記事表示リンク

ありがとうございますm(_ _)m

現在の閲覧者数:

感謝 <(_ _)>

お便りお待ちしております

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。