fc2ブログ
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03

【2023いきざまつり~熱源~Tシャツ★】

【2023いきざまつり~熱源~Tシャツ★】

今年のいきざまつりTシャツのデザイナーは、紀道3年目のヒロくん。
23歳の彼は、生まれつき知的障害を持っており、紀道の練習でも一生懸命、日々努力を積んでいます。
そんな彼が描く絵の作品はどれも素晴らしく、去年の市展でも入賞するほどの実力者。(今年の市展では、なんと奨励賞を受賞!→7/12~17、和歌山城ホールにて展示✨)
彼が魂から描く「踊り/熱源」をテーマにしたいきざTシャツ。ぜひお買い求めください♪
いきざまつりの協賛金にもなります、ご協力よろしくお願いします🌟

【申し込み】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc6GOeEvzLlMjTtda2ZHAs1VX9V1x3-7BII8MY-Hgtg5BCghg/viewform?usp=pp_url
上記のURLか、下記フライヤーのQRコードからでも申し込めます。

★〆切:7月21日(金)


11.png
2023..01 未分類 comment0 trackback0

第14回いきざまつり〜NETUGEN〜 開催のご案内

-ご挨拶-


「本当に、もう一回、やれる?」
「あの時と違って、今いろいろ厳しくなってるよ」
「無理してまでやって何かあったらどうする?」

今年、いきざまつりを復活させて、もう一度やるのかどうか、みんなで話し合いました。
出てくる言葉は、後ろ向きなエネルギーを乗せて、心を折りにきます。
このコロナ禍の間に、熱さひとつで動いていた時の勢いは削がれ、自分を信じる心は弱々しくなっていました。

「それでも、なんとかして、今年はやってみないか」
「今できる精一杯でやれることをやってみよう」

そこにみんなで向かえたのは、一人一人の心の中に、踊ること、お祭りをつくることへの熱が確かに残っていたからだと思います。

その「熱」の「源」はなんなんだろう??

この数年の騒動の中で、踊りをやめた人もいる。
踊りではなくても、自分が長年やってきたことをやめた人もいます。
いろんな理由があって、やめる、続けられない、離れる、という選択をしたのだと思います。

でも、私たちは、踊っています。もしかしたら、やめていたかもしれないけど、今もここで踊っています。

どうして??
その情熱が生み出される心の真ん中にある源泉は何なんでしょうか??

「熱源」をもう一度確かめるために、いきざまつりを開かせていただきます。

あなたを突き動かす「熱」の「源」を伝えに来てください。



紀道
吉田大介


第14回いきざまつり
2023..13 未分類 comment0 trackback0

【2020年第11回いきざまつりについて】

全国のみなさんご無沙汰しています。紀道です!

この度、第十一回いきざまつりを中止し、来年度に開催させていただくことにしました。

なんとかできないか、もしかしたらできるんじゃないか、と道を模索していましたが、やはり、様々なことを考慮した時に、できないなという考えに至りました。

皆様に対してお知らせが遅くなり、ご迷惑をおかけすることになってしまいました。

先が見えてきたようで、まだ見えないような状況ですが、踊りを通じて繋がりのある皆様が、それぞれの場所で一生懸命な生きざまを刻まれていることを励みに、私たちもこの場所でできることをやっていきます!

大好きな皆様と、またお会いできる日を楽しみにしています!!
2020..04 未分類 comment0 trackback0

第10回いきざまつりタイムスケジュール

第10回いきざまつりタイムスケジュール
大変大変お待たせ致しました!!!

下記リンク先から開けます。
ご確認お願いします。

第10回いきざまつりタイムスケジュール
( ↑ クリックするとリンク先へ )



10蝗槭ち繧、繝繧ケ繧ア繧ク繝・繝シ繝ォ_convert_20190815015328

(画像をクリックすると拡大します)





■合同演舞合わせの時間■

<18日(土)>
・11:00~ 四龍

<19日(日)>
・8:00~ 合同連光(光JAZZ、天地人)
・8:30~ SUGAJAZZDANCESTUDIO 
・8:45~ 四龍 (2本分)




2019..14 未分類 comment0 trackback0

Life is Love

 「よさこいは、愛だぁ~!!」という言葉がきっかけで、僕は「須賀連」という存在を知りました。よさこいに出会ったばかりの僕には、その言葉の意味をほとんど理解できませんでした。ただ、頭から、心から離れないフレーズだったことを覚えています。
 ムスヒを踊らせていただく中で「愛だ~!!」という言葉を叫ぶようになり、何となく恥ずかしいような「愛」に対する、くすぐったい気持ちは無くなって、踊らなくても、「愛してるよ。」と表現できるようになりました。
 五大元素の踊りで、須賀先生がいつも叫んでいた言葉が、今も、胸に刻まれています。
『わたしたちは、なぜ、この地球に生まれたのでしょう。それは愛を創造するため。』
 

 僕たちにとって「愛」って何でしょう。
 家族を愛おしくおもう気持ち。
 恋人を愛おしくおもう気持ち。
 友人を愛おしくおもう気持ち。
 過去の思い出を愛おしくおもう気持ち。
 ある物を愛おしく思う気持ち。
 ある場所を愛おしく思う気持ち。
 この大地も、
 この宇宙も、
 愛おしく思う気持ち。


 そのためなら、自分のすべてをかけて、
 自分のすべてを捧げられるような気持ちを愛というのでしょうか。

 僕はまだ、はっきりとこたえることができません。
 
 僕たちは、踊りを踊ることで、
 お祭りをすることで、どんな愛を創造するのでしょう。

 全身全霊をかけて踊った時の心の感動は、僕にとって、生きる原動力です。 
 全身全霊をかけて、踊っている人をみた時、僕は、生きる勇気をもらっています。

 お祭りで、不眠不休の中、懸命に準備や運営をしてくださるスタッフさんの姿に触れるだけで、感謝の思いがあふれてきます。
 お祭りで、笑顔で応援してくれる人、涙を流して喜んでくれる人に出会う度に、もっともっとお祭りが大好きになっていきます。
 愛を言葉にしたり、行動にしたりして、僕たちに伝えてくれるソースはたくさんあります。
 踊りをしなくても、お祭りを興さなくても、愛について感じたり、学んだりすることはできるでしょう。
 
でも、僕たちはこの踊りが好きで、このお祭りが好きです。この絆で繋がっているたくさんの人のことが大好きです。この活動こそ、僕の生き甲斐です。

 だから、
 この踊りでこそ、伝えられる愛、学べる愛について、考えたいと思いました。
 この祭りだからこそ、興せる愛について感じたいと思いました。
 
全国各地の愛あふれるみなさまと、一緒に、踊り、考え、感じたいです。


「生きることは、愛。」
第4回いきざまつり、開催させていただきます。

どうかどうかご一緒に、
祭りでこそ生まれる至上の愛を、創造しに来てください。



和歌山の地で、大好きなみなさんに会えることを楽しみにしています。
愛と感謝をこめて。


紀道代表  吉田 大介





第4回 いきざまつり

平成25年8月24日(土) 12:00~17:00

平成25年8月25日(日) 10:00~17:00

和歌山城 西の丸広場にて

開催いたします。



今年もたくさんのご参加をお待ちいたしております。
よろしくお願いします!!!
2013..24 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

第2回

第1回

全記事表示リンク

ありがとうございますm(_ _)m

現在の閲覧者数:

感謝 <(_ _)>

お便りお待ちしております

QRコード

QR

最新トラックバック